産経WEST

激辛カレーや生肉を無理やり飲食…部下に銃口向けた巡査部長を書類送検 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


激辛カレーや生肉を無理やり飲食…部下に銃口向けた巡査部長を書類送検 大阪府警

 大阪府警は20日、部下の20代の男性巡査に激辛カレーや生肉などを食べさせたり、実弾入りの拳銃(けんじゅう)を向けたとして、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、府警高槻署地域課の男性巡査部長(30)を書類送検し、同日付で停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は依願退職した。

■3人がかりで「酒を強要」「丸刈り」「平手打ち」

 府警によると、巡査部長は昨年7月、交番勤務中に巡査がふざけたように体をぶつけてきたのに腹を立てて、持っていた拳銃を取り出し、銃口を向けた。

 巡査は同5~9月、職場で携帯電話を勝手に見られたりわざと激辛にしたカレーや生肉を食べさせたり、無理やり酒をのませるなどの不適切行為を受けており、府警は巡査に丸刈りをさせた別の男性巡査部長(29)と、頬に平手打ちをするなどした男性巡査長(33)を、それぞれ減給の懲戒処分とした。

 安井正英監察室長は「極めて不適切な行為で、厳正に処分した。職員に対する指導の徹底を図り、再発防止に努める」とコメントした。

関連ニュース

大阪府警イケメンマッチョ警官が殺人…既婚バレ「制裁」言葉に激高 警察不祥事多発…組織から高潔さ失われたのか

「産経WEST」のランキング