産経WEST

高速道路でツアーバス蛇行繰り返す 添乗員が運転補助約10分で無事 淡路島の高速道

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高速道路でツアーバス蛇行繰り返す 添乗員が運転補助約10分で無事 淡路島の高速道

 松山市から兵庫県宝塚市に向かうツアー客42人を乗せたバスが17日午前、兵庫県淡路市の神戸淡路鳴門自動車道で蛇行運転し、添乗員が約10分にわたり男性運転手(70)の運転を補助したことが20日、ツアーを企画した阪急交通社(大阪市)への取材で分かった。

 同社によると、バスは3車線の左側を走行中、左右の車線を複数回またいで蛇行した。40代の女性添乗員が「大丈夫ですか」と声を掛けても運転手から明確な返事がなく、立ち寄る予定の室津パーキングエリア(淡路市)を通過。添乗員が運転席脇でハンドル操作を助け、次の淡路サービスエリアで停車した。別の運転手に交代し、旅程を続けた。

 けが人はおらず、車体の接触などはなかった。1泊2日で宝塚歌劇を観劇するツアーで、17日午前6時半ごろに松山市を出発していた。

 運行した愛媛県東温市のバス会社によると、運転手は14日に健康診断を受けて異常はなく、出発前の点呼もしていた。

関連ニュース

【軽井沢スキーバス転落】「息子を無事に大阪に帰すことしか…」

「産経WEST」のランキング