産経WEST

副業賃貸で年7千万円の収入得た43歳消防副士長を減給 佐賀

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


副業賃貸で年7千万円の収入得た43歳消防副士長を減給 佐賀

 佐賀広域消防局(佐賀市)は19日、勤務先に無断で自分名義の不動産を賃貸して少なくとも平成26年の1年間に約7千万円の収入を得たとして、北部消防署(同市)の男性消防副士長(43)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。営利目的の副業を原則禁止している地方公務員法に違反すると判断した。

■減給なんて、はしたガネ!? 少なくとも7000万円ガッポリ…

 消防局によると、副士長は、佐賀市に所有するマンションなど15物件を貸し出していた。副士長は、消防局の事情聴取に「父親が経営する不動産会社を手伝っていた」と説明したという。

 昨年10月、副士長が複数のマンションやアパートを購入しているとの情報が寄せられ、消防局が内部調査していた。

 田原和典消防局長は「住民の皆さまに誠に申し訳なく、おわびする。二度とこのようなことが無いよう綱紀保持を図っていく」と陳謝した。

関連ニュース

国歌「君が代」不起立で減給処分は適法 58歳教諭の訴えを棄却

「産経WEST」のランキング