産経WEST

【軍事ワールド】軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題

米空軍が運用する軍用ドローン(無人機)MQ-9「リーパー」(米空軍HPより) 米空軍が運用する軍用ドローン(無人機)MQ-9「リーパー」(米空軍HPより)

安全なのに不人気

 米本土からの遠隔操縦による攻撃は、1990年代の湾岸戦争時に問題となった「戦争がテレビゲームのように行われる」との指摘を具現化したような光景だ。“敵”を一方的に殺戮できるが、安全な米国本土にいる遠隔操縦者(パイロット)は決して銃弾を浴びることはない。

 倫理的には問題だらけだが、少なくとも危険な任務ばかりの軍のなかでは人気職種になりそうなものだ。しかし、いま米空軍内で「ドローンパイロット」は不人気職種の筆頭のひとつにあげられている。あまりの人手不足に、5年以上の勤務で約1500万円の特別ボーナスを支給するという“ニンジン”をぶらさげる始末なのだ。

 米軍人向けの日刊紙スターズ・アンド・ストライプス(電子版)によると、ボーナス支給決定は昨年12月中旬に米空軍が発表した。ボーナスは現金で毎年2万5千ドル(約295万円)ずつ支払われ、5年勤め上げれば計12万5千ドルが手に入るという。

 逆に言えば、配置転換や退職を望んで去っていくパイロットが後を絶たないため、破格の好待遇を用意せざるを得なくなったのだ。

戦場と平和

 なぜこれほど不人気なのか。同紙は理由のひとつにストレスをあげる。

このニュースの写真

  • 軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題
  • 軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題
  • 軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題
  • 軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題
  • 軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題
  • 軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題

「産経WEST」のランキング