産経WEST

【衝撃事件の核心】「下半身に自信、褒められたくて」高速道料金所で女性係員に〝丸見せ〟40回超、男のゆがんだ性的嗜好

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「下半身に自信、褒められたくて」高速道料金所で女性係員に〝丸見せ〟40回超、男のゆがんだ性的嗜好

高速道路の料金所で下半身の露出を繰り返し、逮捕された男。50~60代の女性係員ばかりを狙い、異常な犯行を重ねていた。その理由は、驚くべき独りよがりなものだった 高速道路の料金所で下半身の露出を繰り返し、逮捕された男。50~60代の女性係員ばかりを狙い、異常な犯行を重ねていた。その理由は、驚くべき独りよがりなものだった

 「自分の下半身に自信があり、褒めてもらいたかった」。こんなおぞましい動機で、高速道路料金所で下半身の露出を繰り返した大阪府河内長野市の大工の男(46)が昨年、大阪府警に逮捕、起訴された。男は50~60代の女性係員ばかりを狙い、約40回も同様の犯行を重ねていた。逮捕後の取り調べにも「自慢の下半身」をアピールする始末で、ゆがんだ性的嗜好が浮かび上がった。府警は新年早々、性犯罪などの摘発強化を目指して「犯罪抑止総合対策推進本部」を立ち上げたが、再犯率が38%(平成22年版犯罪白書)に上るとされる性犯罪には、徹底した取り締まりと厳罰が欠かせない。

手口はワンパターン

 「嫌がる顔を間近で見るのが非現実的で本当にスカッとした。自分の恥ずかしいところを見せると興奮したし、何より自分の大きな下半身を褒められたいと思った…」

 昨年11月、公然わいせつ容疑で大阪府警に逮捕された男は、その後の取り調べで臆面もなく動機をこう語った。

 逮捕容疑は昨年9月9日と9月30日の2回、西名阪自動車道柏原本線料金所(大阪府柏原市)で、下半身を露出した状態で軽ワゴン車を運転してブースに進入、60代の女性係員に下半身を見せつけたとしている。

 その後の捜査で、男は平成23年秋ごろから逮捕されるまでの間、柏原本線料金所や同じ西名阪自動車道の松原本線料金所(大阪府藤井寺市)などで同様の犯行を少なくとも40回にわたって繰り返していた疑いがあることも分かった。

 捜査関係者らによると、男の手口は「ワンパターン」そのものだった。

このニュースの写真

  • 「下半身に自信、褒められたくて」高速道料金所で女性係員に〝丸見せ〟40回超、男のゆがんだ性的嗜好

関連トピックス

関連ニュース

【衝撃事件の核心】恐怖「コーヒーぶっかけ魔」の正体…特徴的なチリチリ頭で御用 動機は「性欲解消の願望」?

「産経WEST」のランキング