産経WEST

韓国人連続殺害 なぜ韓国人はフィリピンで襲われるのか?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


韓国人連続殺害 なぜ韓国人はフィリピンで襲われるのか?

マニラ市内で警備にあたる治安当局のメンバー。フィリピンでは銃が比較的容易に入手でき、場所によっては治安が悪いという(AP、写真と本文は関係ありません)

 フィリピンで起きている韓国人連続殺害事件が韓国社会に波紋を広げている。2015年に殺害された韓国人は計11人に上り、2013年から2015年10月の3年足らずで31人が殺されている。なぜ、韓国人はフィリピンで殺害されるのか。韓国政府も対策に乗り出しているが、今のところ思うような成果は挙っていないようだ。

 2015年12月20日、フィリピン中部のマラル市で建設業を営む50代の韓国人男性が同居していた女性と宿舎の寝室にいたところを4人組の男に襲われた。男たちは金品を奪って車で逃走しようとしたが、1人の男が宿舎に引き返し、韓国人男性に銃弾を放って殺害した。

 ■女子留学生も殺害

 2015年10月2日にはフィリピンのマニラ近郊に住む50代男性と40代女性の韓国系夫婦が自宅で銃撃されて死んでいるのが見つかった。現地の警察は外部から自宅に侵入した形跡がないことから、顔見知りによる犯行の可能性があるとみているという。

関連ニュース

【世界を読む】韓国、止まらない過労死 感情労働「愛してます、お客様」の苛酷…注目される日本の「防止法」

「産経WEST」のランキング