産経WEST

【SMAP解散協議】USJ、契約途中の解散なら「なんらかの対応」必要

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【SMAP解散協議】
USJ、契約途中の解散なら「なんらかの対応」必要

 国民的人気アイドルグループ「SMAP」が解散する事態になれば、テレビコマーシャルにメンバーを起用するスポンサー企業も対応を迫られる可能性がある。

■大使に任命…でも15周年企画は別のタレントを

 SMAPのメンバー5人がそろってテレビCMに出演している大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の広報担当者は13日、「(解散の)正式な発表はないので何もお答えできない」と述べ、事態を当面、見守る考えを明らかにした。

 3月のUSJの開業から15周年を記念したイベントでは、SMAPとは異なるタレントの起用を予定しているため、大きな影響はないとしている。ただ、契約途中での解散となると、「なんらかの対応をとらなければならないだろう」としている。

 SMAPは平成26年4月に「USJ大使」に就任。新アトラクションのお披露目イベントなどにも参加してきた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング