産経WEST

【井上和彦氏講演会詳報】タイ、インド、台湾…「アジアの声」は日本の戦いを高く評価している 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【井上和彦氏講演会詳報】
タイ、インド、台湾…「アジアの声」は日本の戦いを高く評価している 

講演会「日本が戦ってくれて感謝しています」で語る井上和彦氏=10日午後、大阪市北区の市中央公会堂(恵守乾撮影)

 本紙「正論」欄執筆メンバーでジャーナリスト、井上和彦氏の講演会「日本が戦ってくれて感謝しています」(主催・産経新聞雑誌「正論」、協賛・大阪冶金興業)が10日、大阪市北区中之島の大阪市中央公会堂大ホールで開かれた。詳報は次の通り。

歴史戦

 いま中国が仕掛けている歴史戦、韓国が仕掛けてくる歴史戦、皆さん頭にきますでしょう。でも、韓国や中国の批判で歴史に注目することで、日本の本当の姿がわかってくるという部分がある。これからお話することは、恐らく学校や、あるいは戦後の教育のなかで教えられてこなかったことです。

 まずはタイですが、過去には日本と一緒に第二次世界大戦を戦った同盟国です。だから8月15日に「アジアの声が-」などというなら、タイは(その批判勢力から)省かなければならない。タイ駐屯軍司令官だった中村明人中将は、戦争10年後の昭和30年にタイに赴き、空港で大歓迎を受けている。“侵略”したら、こんなに歓迎されるのか。ありえない。

シンガポールでは

 またシンガポールでは、山下奉文将軍率いる部隊が55日間で1100キロを進撃し陥落させた。その山下将軍の等身大の像が、シンガポールのセントーサ島の博物館にある。“侵略”されたはずのシンガポールにあるのです。

このニュースの写真

  • タイ、インド、台湾…「アジアの声」は日本の戦いを高く評価している 

「産経WEST」のランキング