産経WEST

28歳女性車掌が消えた!? JR駅で酔客救護、運転士知らずに発車…次駅で扉開かずダイヤ乱れる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


28歳女性車掌が消えた!? JR駅で酔客救護、運転士知らずに発車…次駅で扉開かずダイヤ乱れる

乗客の保護のために飛び降りた女性車掌だったが、電車はそのまま発車してしまった…

 10日午前8時半ごろ、堺市堺区のJR阪和線浅香駅に停車中の天王寺発日根野行き下り普通電車の運転士から「最後尾にいるはずの車掌が乗車していない」と大阪総合指令所に連絡があった。車掌は28歳の女性で、ひとつ手前の杉本町駅を発車した直後、電車にふらふらと近づいてくる乗客を見つけ、ホームに飛び降りて救護していたという。

酒に酔った男性が…

 車掌はその後、後続の電車に乗って浅香駅まで移動し、停車していた電車に再び乗車。電車は21分遅れで出発した。このトラブルで、阪和線の下り線12本が最大26分遅れ、約2300人に影響した。

 JR西日本によると、電車は午前8時半に杉本町駅を出発。その際、女性車掌は最後尾の乗務員室にいたが、ホーム後方から電車に近づいてくる男性に気づいた。電車はすでに動き出していたが、車掌は男性が車両にぶつかるか、または線路に転落する危険があると判断。乗務員室からホーム上に飛び降り、男性の救護を行った。男性は50代くらい。酒に酔った様子だった。

関連ニュース

【メガプレミアム】「じゃかましいのはあいつらだ」 掟破り「私道バリケード封鎖」老夫婦が激白 住民と“20年戦争”の異様

「産経WEST」のランキング