産経WEST

大阪府警の刑法犯未計上、8万665件で確定 平成24年までの5年間

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府警の刑法犯未計上、8万665件で確定 平成24年までの5年間

大阪府警察本部=大阪市中央区(竹川禎一郎撮影)

 大阪府警が平成24年までの5年間、刑法犯認知件数を窃盗罪を中心に8万件以上計上していなかった問題で、府警は8日、未計上分が8万665件で確定したと発表した。26年7月に問題を公表した当時、速報値として8万1307件の未計上があったと明らかにしていたが、1年半にわたって精査した結果、642件減少した。

 府警によると、速報値に比べ、20年は333件減▽21年169件減▽22年186件減▽23年149件増▽24年103件減。増減が生じたのは、計上の重複や見落としなどが判明したためとしている。

「産経WEST」のランキング