産経WEST

シャープ、優良「複合機事業」売却へ京セラなどに打診 資金繰りに追われ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、優良「複合機事業」売却へ京セラなどに打診 資金繰りに追われ

 経営再建中のシャープがコピー機やファクスなど「複合機事業」の売却に向け、京セラなど国内の複数社に打診したことが5日、分かった。売却益で当面の資金繰りを確保するねらい。シャープは主力の液晶事業の分離を決めており、さらなる収益の柱を失うことになる。主力取引銀行の金融支援を含めた再建策の見直しも進めている。

 液晶事業の分離交渉は3月末を期限に進められており、複合機事業の売却交渉はその後に本格化する見通しだ。

 シャープの複合機事業はオフィス向けで平成27年3月期の売上高は前期比6・7%増の3403億円、営業利益は314億円。同年9月中間期でも業績を伸ばしており、10%近い利益率を保つ優良事業。25年には資金難から韓国・サムスン電子への売却が検討されたが、技術流出や特許権益喪失の恐れから国内メーカーが猛反発し、頓挫した経緯がある。

 シャープはその後も経営難が続き、昨年6月に主力取引銀行のみずほ銀、三菱東京UFJ銀などから2250億円の資本支援を受けたが、経営の健全性を示す自己資本比率は同9月末で9・4%と危険な水準に低下。当面の資金繰りが大きな課題となっていた。

関連ニュース

シャープ、新年の社員大会中止 社長音声で「復調の“点”が見え始めた」

「産経WEST」のランキング