産経WEST

線路上に複数の木片、JR阪和線で電車が接触

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


線路上に複数の木片、JR阪和線で電車が接触

 31日午後3時10分ごろ、大阪府貝塚市新井のJR阪和線東貝塚-和泉橋本駅間の踏切で、日根野発天王寺行きの区間快速電車が、線路上に置かれていた複数の木片などとぶつかった。乗客約200人にけがはなかった。

 大阪府警貝塚署によると、木片は3本前後で、いずれも長さ約120センチ、厚さ約3センチ。周りには砕かれた石の形跡が複数あったといい、同署は何者かが故意に置いた可能性もあるとみて、電汽車往来危険容疑も視野に捜査している。

 同署によると、踏切は歩行者・自転車用で幅は約1・5メートル。JR西日本によると、この事故で上下線計6本が運休、計12本が最大約25分遅れ、約6200人に影響した。

関連ニュース

無謀「撮り鉄」逮捕 「国鉄時代の新快速撮りたくて…」JR踏切に三脚設置

「産経WEST」のランキング