産経WEST

【門真頭蓋骨事件】「私の部屋には頭蓋骨がある」自宅から切断遺体 死体損壊容疑などで大阪・門真の自称イラストレーターの女を逮捕 遺体は25歳の知人女性か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【門真頭蓋骨事件】
「私の部屋には頭蓋骨がある」自宅から切断遺体 死体損壊容疑などで大阪・門真の自称イラストレーターの女を逮捕 遺体は25歳の知人女性か

遺体が発見されたマンションを調べる捜査員ら=12月29日午後0時2分、大阪府門真市(彦野公太朗撮影)

 自宅で切断されたとみられる遺体を隠していたとして、大阪府警門真署は29日、死体損壊と死体遺棄容疑で、同府門真市舟田町、自称イラストレーター、森島輝実容疑者(29)を逮捕した。「私の部屋には頭蓋骨があるが、今は話したくないです」などと供述している。遺体は24日ごろから行方不明になっている同市の職業不詳の女性(25)とみられ、府警が特定を急ぐ。

 逮捕容疑は今月下旬、同市のマンション3階の自宅で遺体を損壊し、遺棄したとしている。

 府警によると、森島容疑者の自宅からは人間のものとみられる複数の骨が見つかった。行方不明の女性と森島容疑者は知人といい、経緯を調べる。

このニュースの写真

  • 「私の部屋には頭蓋骨がある」自宅から切断遺体 死体損壊容疑などで大阪・門真の自称イラストレーターの女を逮捕 遺体は25歳の知人女性か
  • 「私の部屋には頭蓋骨がある」自宅から切断遺体 死体損壊容疑などで大阪・門真の自称イラストレーターの女を逮捕 遺体は25歳の知人女性か

関連ニュース

【衝撃事件の核心】「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

「産経WEST」のランキング