産経WEST

男性教頭、温泉施設で男湯盗撮 大阪・豊中市教委が懲戒免職処分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


男性教頭、温泉施設で男湯盗撮 大阪・豊中市教委が懲戒免職処分

 大阪府豊中市教育委員会は25日、大型温泉施設の男性浴場内に小型カメラを持ち込み、動画を盗撮をした同市立寺内小学校の男性教頭(53)を、信用失墜行為などにあたるとして懲戒免職処分にした。教頭は市教委の聞き取りに対し、夏頃から同じ施設で複数回盗撮したことを認めており、「ばれないと思った」などと話しているという。

 同市教委によると、教頭は11月7日午後、大阪市浪速区内の大型温泉施設の男性浴場内に、車のリモコンキー型の小型ムービーカメラを手に隠して持ち込み、盗撮した。

 警戒中の従業員が気づいて浪速署に通報し、同暑が府迷惑防止条例違反容疑で事情を聴いている。同署から連絡を受けた校長が市教委に報告した。

 教頭は当日午前中、同小学校の芝刈り行事に参加した後で、動機については明らかにしておらず、「慕ってくれた児童に申し訳ない」と話しているという。

 同市教委では、今年6月、運動部の練習中に危険な行動をした女子部員を平手でたたくなどした同市立中学の女性教諭(58)についても、信用失墜行為にあたるなどとして、同日付で減給10分の1(2カ月)の懲戒処分とした。

「産経WEST」のランキング