産経WEST

【衝撃事件の核心】貧困弱者〝闇ビジネス〟のからくり タダでクスリ入手、転売でボロもうけ…生活保護支援を食い物に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
貧困弱者〝闇ビジネス〟のからくり タダでクスリ入手、転売でボロもうけ…生活保護支援を食い物に

兵庫県警が麻薬取締法違反容疑などで男女6人を逮捕した事件で押収した向精神薬=神戸市中央区

 《ケサパサ200=7、いつでもOK》。向精神薬のリタリン200錠を7万円ですぐにでも売る-の意だ。インターネットの掲示板にこんな隠語だらけの書き込みをし、向精神薬を密売していたとして、兵庫県警は6月以降、麻薬取締法違反容疑などで男女計6人を逮捕した。脳の中枢神経に作用し、精神機能をマヒさせる向精神薬。過剰に服用すれば違法薬物のような効果が得られ、死に至ることもある危険な薬だ。逮捕者には医療費がタダになる元生活保護受給者や、一部公費負担となる母子家庭も含まれ、公的制度が〝闇ビジネス〟に悪用されていた実態も浮かぶ。6人が得た売却益は、少なくとも計約5800万円。「生活弱者」がボロもうけをした錬金術の仕組みとは-。

端緒は変死事件

 昨年11月、兵庫県内の20代の男性が自宅で変死しているのが見つかった。部屋にあったのは医師から処方されたとは想像しにくいほど大量の向精神薬。行政解剖の結果、男性の死因は向精神薬の過剰摂取による急性薬物中毒と判明した。

 向精神薬は、精神疾患の治療に用いられる抗うつ剤や睡眠薬の総称。気分を高揚させたり、落ち着かせたりする作用が強く、一気に多くの量を服用すれば危険ドラッグや覚醒剤などの違法薬物と同じ効果が得られるのが特徴。スマートドラッグとも呼ばれ、医師や薬剤師から処方されていれば所持・使用ともに合法だが、営利目的の所持や譲渡は禁止されている。

 県警は、薬の入手ルートを明らかにするため、男性のスマートフォンを解析。死亡する数日前まで、動画投稿サイト「FC2」内で会員がメッセージ交換できるSNSを通じ、東京都世田谷区のマンション経営の女(55)から向精神薬を繰り返し購入していたことを突き止めた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング