産経WEST

無謀「撮り鉄」逮捕 「国鉄時代の新快速撮りたくて…」JR踏切に三脚設置

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


無謀「撮り鉄」逮捕 「国鉄時代の新快速撮りたくて…」JR踏切に三脚設置

 電車を撮影する目的で踏切内に三脚を置いたとして、大阪府警高槻署は20日、電汽車往来危険容疑で、堺市東区の会社員の男(46)を現行犯逮捕した。調べに対し、容疑を認め、「今日は国鉄時代の新快速が走るので撮影しようと思った。踏切には遮断機が上がっている間に入った」などと供述しているという。

 逮捕容疑は同日午前9時ごろ、同府高槻市萩之庄のJR東海道線桧尾(ひお)川踏切内に三脚を置き、電車の往来に危険を生じさせたとしている。

 踏切内で写真撮影をしている男を目撃した人からJR西日本に連絡があり、駆けつけたJR高槻駅の男性職員が身柄を取り押さえた。

 男の行為の影響で、踏切を通過する電車が徐行を余儀なくさせられるなどの影響があった。

 同署によると、踏切周辺は、電車の写真撮影を楽しむ「撮り鉄」と呼ばれるファンの間で人気スポットになっていた。JR西によると、この日は117系と呼ばれる車両が臨時運行するイベントがあったという。

関連ニュース

アニメ「響け!ユーフォニアム」ラッピング車両にファン殺到…京阪・大津線

「産経WEST」のランキング