産経WEST

九州定番「マルタイ棒ラーメン」がアジアを席巻 海外売上高2年で5倍に 独占販売の話も続々…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


九州定番「マルタイ棒ラーメン」がアジアを席巻 海外売上高2年で5倍に 独占販売の話も続々…

台湾のスーパー「カルフール」に陳列された棒ラーメン

 即席麺製造・販売のマルタイ(福岡市西区)の棒ラーメンが、アジア市場に力強く進出している。九州定番の「とんこつ」味が浸透した香港や台湾で人気が爆発し、今年度の海外売上高は2年前の5倍の10億円を見込む。日本国内の売り上げが横ばいの中、今後は東南アジア市場も重視する。(高瀬真由子)

広がる「とんこつブーム」

 台北にあるフランス系スーパー「カルフール」の商品棚を今年6月、マルタイの棒ラーメンが席巻した。

 博多、久留米、大分など九州の7種類の味が楽しめる「九州を食す」シリーズが棚の上から下まで6段にわたり、ずらりと並んだ。

 「こんなにきれいに陳列し、お客さまに届けてくれる。感謝の気持ちで一杯です」と、マルタイの原田浩社長は喜んだ。

 アジアでの棒ラーメンブームは2013年に始まった。日本からの輸入食品を扱う香港のスーパー「759阿信屋」が取り扱ったのがきっかけだ。当時、福岡でおなじみのラーメンチェーン「博多一風堂」や「一蘭」が香港に進出しており、九州の味は舌の肥えた香港人に浸透しつつあった。そこに目を付けた日本国内の問屋が、マルタイに「とんこつブームに最も合うのは棒ラーメンではないか」と話を持ちかけた。

このニュースの写真

  • 九州定番「マルタイ棒ラーメン」がアジアを席巻 海外売上高2年で5倍に 独占販売の話も続々…

「産経WEST」のランキング