産経WEST

【おやじが行く】酒どころ・新潟の郷土料理とこだわりの日本酒 酒好きオヤジが集うスタンドバー 「成月」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【おやじが行く】
酒どころ・新潟の郷土料理とこだわりの日本酒 酒好きオヤジが集うスタンドバー 「成月」

 一人で訪れる常連が多く、堀さんはそんな客をつなぎとめながら「酒好きが集う店」という“新看板”で新規客も獲得していった。「お客さん同士で仲良くなって、お酒の情報交換をしておられます。酒蔵巡りのツアーなんかもしているんですよ」

 料金は普通に飲んで食べて3千円ほど。高い酒をクイクイ飲まれたら商売にならないのでは?

 「私も好きだし、お客さんが喜んでくれるのなら。でも、あんまりたくさんだとさすがに…。そのときはプラス千円ぐらいいただきますけどね」と堀さんは笑う。

 この店の常連客から見ると、僕と清水君なんかはまだまだ“ハナタレ小僧”。そろそろこういう店もキープしていきたいものだ。

 文・古野英明

 イラスト・清水浩二

 大阪市中央区難波4の8の7。(電)06・6633・2537。メニューは決まっておらず、女将の堀とみ子さんが毎朝、大阪市中央区の黒門市場で食材を仕入れ、季節の料理を提供する。新潟の味付けは本来、「しょっぱめ」だが、「大阪の人に合わせて抑えめにしてある」という。午後5時~11時。日曜・祝日定休。

関連ニュース

【おやじが行く】九条ねぎで覆い尽くされたこだわりうどん “三位一体”の味 「祇をん 萬屋」

「産経WEST」のランキング