産経WEST

【動画】「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし

「神戸ルミナリエ」関連の電飾が倒れた現場。円形の噴水に沿って設置されていた=11日午前10時13分、神戸市中央区の東遊園地(本社ヘリから)

 神戸市中央区で13日まで開催中の冬の風物詩「神戸ルミナリエ」の会場で11日早朝、イルミネーションの一部が倒れているのが見つかった。強風が原因とみられ、けが人はなかった。主催する神戸ルミナリエ組織委員会は会場内のイルミネーションを全て点検したところ安全が確認されたため、倒壊した部分を除いて11日以降も開催することを決めた。

 組織委によると、同日午前5時半ごろ、イルミネーションの見回りをしていた警備員が、メーン会場の東遊園地南側の広場で、噴水を取り囲むように設置された円形イルミネーションが倒れているのを発見した。

 倒れたイルミネーションは木製で、高さ約9メートル、外周約84メートル。地面に固定されておらず、周囲の柱にワイヤでつるされたような形で設置されていた。周りに設置された露店などのテントも半数以上が倒壊していた。

 神戸地方気象台によると、神戸市内は10日夜から11日朝にかけ、前線を伴う低気圧が通過したことにより強風が吹き、午前6時すぎには最大瞬間風速20・7メートルを観測。一時的に暴風警報も発令されていた。

 神戸ルミナリエは今年で21回目で今月4日に開幕。13日までの予定で、連日多くの見物客が訪れていた。

このニュースの写真

  • 「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし
  • 「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし
  • 「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし
  • 「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし
  • 「神戸ルミナリエ」高さ9メートルの電飾、強風で倒壊 けが人なし

「産経WEST」のランキング