産経WEST

【番頭の時代】第5部・関西から攻める(3)もがき続けて早明抜いて志願者数V2…近大、世耕石弘広報部長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【番頭の時代】
第5部・関西から攻める(3)もがき続けて早明抜いて志願者数V2…近大、世耕石弘広報部長

 〈一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました〉

 今春、音楽プロデューサーのつんく♂(47)が喉頭がんによる声帯摘出を告白し、反響を呼んだ近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式。仕掛けたのは、近大広報部長の世耕石弘(いしひろ)(46)だ。第1志望への進学がかなわないなど不本意入学生が3割に上るという意識調査を踏まえ、近大は学生生活を前向きに切り替えるショック療法の意味を込めて入学式を“ド派手”に演出している。OBでもあるつんく♂にプロデュースを依頼して2年目だ。

 ただ、昨年度はつんく♂は治療で出席がかなわず、今回も「登壇の保証もない」と逡巡の気配があった。世耕が「登壇などの話題性のため依頼しているのではなく、画期的な入学式にするにはつんく♂さんのアイデアが必要」と説得し、「新入生が純粋に感動できる場に」と働きかけた。

 その結果、つんく♂が「私も声を失って歩き始めたばかりの1回生」と新入生にエールを送った入学式は、全国にメッセージを発信する場にもなった。

  ◇  ◇  ◇

 世耕は、近大の初代総長(学長兼理事長)、世耕弘一(故人)の孫にあたる。3代目理事長の弘昭(ひろあき)(同)の次男。4代目理事長で内閣官房副長官の弘成(ひろしげ)(53)の弟だ。

 平成19年、近畿日本鉄道(現近鉄グループホールディングス)広報課長から近大に転じた。ミッションは入学センターの入試広報課長として入試の志願者を増やすことだった。弘昭からは「減らしたらクビ」と言い渡された。御曹司どころか、雑巾がけの丁稚(でっち)奉公からのスタートだった。

 世耕は学外からの視点で「研究などの実力が正当に評価されていない。広報で潜在力をアピールすれば志願者は増える」と感じた。

このニュースの写真

  • 第5部・関西から攻める(3)もがき続けて早明抜いて志願者数V2…近大、世耕石弘広報部長

「産経WEST」のランキング