産経WEST

【衝撃事件の核心】血ヘドはく「老老介護」破綻 鬼の形相で「殺せ!」と叫ぶ認知症母を殺害 長男は「ごめんな、ごめんな」と謝り続けた

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
血ヘドはく「老老介護」破綻 鬼の形相で「殺せ!」と叫ぶ認知症母を殺害 長男は「ごめんな、ごめんな」と謝り続けた

認知症を患い、鬼の形相で「殺せ!」と叫ぶ92歳の母の胸に、71歳の長男は小刀を突き刺して殺害した。貧困の末の「老老介護」はもろくも破綻した 認知症を患い、鬼の形相で「殺せ!」と叫ぶ92歳の母の胸に、71歳の長男は小刀を突き刺して殺害した。貧困の末の「老老介護」はもろくも破綻した

 認知症を患っていた92歳の母に小刀を突き刺した。静かになった自宅で、長男(71)は遺体と向き合いながら一夜を明かした。「ごめんな、ごめんな」。大阪府枚方市の自宅で7月、母親を殺害したとして、殺人罪に問われた長男は、大阪地裁の裁判員裁判で「老老介護」の実態を吐露した。介護費用は家計に重くのしかかり、身体にむちを打ってアルバイトをしても、「貧困」から抜け出せなかった。たった1人で母を支えた7年の歳月。その暮らしに自ら終止符を打ったが、逮捕後、留置場で血を吐いて昏倒(こんとう)した。心身は深くむしばまれていた。

精神の均衡奪った激しい腹痛

 「泥棒が入った! 110番して!」

 7月7日午前4時。2階で寝ていた長男は、1階にいる母の叫び声で目を覚ました。

 認知症の母は被害妄想が激しく、ときに鬼のような形相で騒ぎ立てるのだ。

 「何も盗まれてないよ」

 そう言ってなだめると、いったんは落ち着いてくれた。そのまま朝ご飯を作り、食べさせた。だが、ほどなくしてまた「110番して!」と叫び始めた。

 長男はこのとき、激しい腹痛に襲われていた。数日前から食事もままならず、この日の午前中に病院で胃カメラをのむ予約をしていた。

 それを伝えても、母は「通報してから行って」と言うことを聞かない。結局、検査をあきらめるはめになった。

 「病院、行かれへんかったやんか」

 そう不平をこぼすと、「110番してって言うてるのに、何もしてくれへんかったやん」と逆に非難された。続けて「110番してくれへんのやったら、生きとっても仕方ない。殺してくれ!」と大声を上げた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング