産経WEST

【経済裏読み】“爪に火を灯す”シャープ社員 「収益よりキャッシュ優先」社長が異例発言 エレベーター間引き、新聞も購読停止…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
“爪に火を灯す”シャープ社員 「収益よりキャッシュ優先」社長が異例発言 エレベーター間引き、新聞も購読停止…

シャープの高橋興三社長 シャープの高橋興三社長

 経営再建中のシャープが手元の資金確保に躍起だ。高橋興三社長は10月末の社内メッセージで、キャッシュを守りつつ収益を上げることを求め、「時には収益よりキャッシュを優先するくらいの気持ちで…」とまで言い切った。本社などでエレベーターを間引き運転したり、新聞・雑誌の購読を停止したりと、“爪に火を灯す節約”が実行されているという。同社は「資金ショートなどの状況ではない」と説明するが、社長の異例の呼びかけから今の苦境が浮き彫りになる。(松岡達郎)

 相次ぐメッセージ

 「事業活動の前提となるキャッシュについても、しっかりと確保していく必要がある」

 10月30日、高橋社長は社内に「この危機を乗り越える」と題して発出したメッセージでこう呼びかけた。

 平成27年9月中間連結決算の発表に合わせたメッセージで、営業損益が251億円の赤字(前年同期は292億円の黒字)に落ち込んだことから「10月1日から社内カンパニー制の下で新たな一歩を踏み出したところで非常に厳しい結果。大変厳しく受け止め、悔しい気持ちでいっぱい」と語った。

 そして、その上で「キャッシュを守りつつ収益を上げる。時には収益よりキャッシュを優先するくらいの気持ちで全社を挙げて取り組んでいたたきたい」と訴えたという。

 それに先立つ10月26日、業績の下方修正を発表した際にも高橋社長は社内メッセージを出している。そこでは「不要不急の支出凍結や抜本的な投資の見直しで業務を円滑に進めにくい状況も生じていると思うが、この難局を乗り切るためには、従来の壁を打ち破るコスト削減、業務改革や需要創造に取り組むことが不可欠」と呼びかけていた。

本社ビルに続き液晶も? 切り売り“タケノコ生活”そして…

このニュースの写真

  • “爪に火を灯す”シャープ社員 「収益よりキャッシュ優先」社長が異例発言 エレベーター間引き、新聞も購読停止…

「産経WEST」のランキング