産経WEST

寒空…ぎゅっとサル団子 香川・銚子渓自然動物園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


寒空…ぎゅっとサル団子 香川・銚子渓自然動物園

身を寄せ合い団子状態になって暖をとるサルたち=香川県土庄町

 全国的に冷え込みが増すなか、小豆島(香川県)の観光スポット「銚子渓自然動物園『お猿の国』」(土庄町)ではサルたちがぴたりと体を寄せ合って暖をとる“サル団子”の光景が見られるようになった。寒さに耐える独特の温まり方で、同園の冬の風物詩にもなっている。

 同町の銚子渓一帯には約500匹の野生ザルがA、Bの2群に分かれて生息し、餌付けされている。それぞれの群れに序列があるが、冷え込むこの時期、同園では壮年のオスの頭を踏み越える若いサルの姿もみられる。

 研究者によると、同園のサルは序列におおらかで他の家族との距離も近いため、100匹を超えて集まるという。

 来年のえとは「サル」。寒さのなか、仲間としっかり抱き合うサルたちの姿はとてもユーモラスで、観光客らが盛んにカメラのシャッターをきっていた。

「産経WEST」のランキング