産経WEST

精神疾患ある長女に「金遣いが荒く年金使われ…」殺害容疑で高齢夫妻を再逮捕 大阪・交野

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


精神疾患ある長女に「金遣いが荒く年金使われ…」殺害容疑で高齢夫妻を再逮捕 大阪・交野

 長女(43)の顔をハンマーで殴るなどして殺害したとして、大阪府警交野署は2日、殺人容疑で同府交野市倉治の無職、江口和彦容疑者(87)と妻の和美容疑者(70)を再逮捕した。いずれも容疑を認め、「娘は金遣いが荒く、自分たちの年金を使ってしまい生活が苦しくなった。注意すると手がつけられなかった」と供述しているという。

 再逮捕容疑は11月18日、自宅の和室で、寝ている長女の顔をハンマーで殴った上、ベルトで首を絞めて殺害したとしている。長女の死因は窒息とみられる。

 同署によると、長女には精神疾患があり、2人は「自分たちも死ぬつもりだった」と供述。11月21日午前、同府貝塚市の岸壁で海中に転落しそうになっている軽ワゴン車の中から消防に救助され、死体遺棄容疑で逮捕されていた。

「産経WEST」のランキング