産経WEST

さよなら大丸心斎橋店…大正モダン心に刻む 年内で閉館の本館で特別見学会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


さよなら大丸心斎橋店…大正モダン心に刻む 年内で閉館の本館で特別見学会

モダンな装飾が施された大丸心斎橋店本館。見学会の参加者らは熱心に撮影していた=11月27日、大阪市中央区

 大阪を代表する大正モダン建築物として知られる「大丸心斎橋店本館」(大阪市中央区)で、12月30日の閉館に向けたカウントダウンが始まった。11月27日夜には特別見学会が行われ、参加者たちが見納めとばかりに館内の華麗な装飾を写真に収めていた。同店では売り納めセールやイベントなどを実施しており、残り約1カ月を盛り上げる予定だ。

 27日の閉店後に行われた見学会では、特別に館内の写真撮影が許可されたことから20人が参加した。スタッフが1階のエレベーターホールまで案内し、「このアーチ状のホールはシンメトリー(左右対称)です」などと説明すると、参加者たちは大きくうなずいたり、熱心に写真を撮ったりしていた。このほか、西側の御堂筋に向いた出入り口にあるステンドグラスに「イソップ物語」のキツネとツルが隠れているとの説明に、驚きの声が上がっていた。

 参加した大阪市の中学3年、元井健智さん(14)は「装飾の中に星が隠れていたりして、何度来ても新しい発見があります。この建物の存在を語り継ぎたい」と話していた。

 同本館は、日本の近代建築に大きな影響をもたらした米国出身の建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計で、昭和8年に完成した。関係者によると、築80年を超え、「耐震性やしっくいの劣化などの懸念があるとして建て替えが決まった。

このニュースの写真

  • さよなら大丸心斎橋店…大正モダン心に刻む 年内で閉館の本館で特別見学会

関連ニュース

大丸心斎橋店が本館建て替えへ 北館と一体化 ヴォーリズ外壁は残す

「産経WEST」のランキング