産経WEST

【大阪ダブル選】高校生らの模擬選挙でも 松井氏、吉村氏が“当選” 実際と同じ傾向

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪ダブル選】
高校生らの模擬選挙でも 松井氏、吉村氏が“当選” 実際と同じ傾向

 早稲田大マニフェスト研究所と教員らでつくる「模擬選挙推進ネットワーク」は、大阪ダブル選(22日投開票)を題材に、高校などで実施した模擬選挙の速報結果を発表した。大阪府知事、大阪市長いずれも大阪維新の会公認候補が最多の票を集め、実際の選挙結果と同様の傾向が見られた。

 模擬選挙は、来夏の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのを前に企画され、近畿を中心に全国の高校と大学計20校の約2千人が参加した。各候補のマニフェストや選挙公報を比較した上で投票が行われ、集計が終わった16校分が速報結果として公表された。

 府知事選では、46・6%が現職で大阪維新の会幹事長の松井一郎氏(51)=大阪維新公認=に投票。37・5%が元府議の栗原貴子氏(53)=無所属、自民党推薦=に、15・9%が美馬幸則氏(65)=無所属=に投じた。

 大阪市長選では、45・2%が元衆院議員の吉村洋文氏(40)=大阪維新公認=を支持。元市議の柳本顕氏(41)=無所属、自民党推薦=が29・1%で続き、中川暢三氏(59)、高尾英尚氏(33)=いずれも無所属=はともに12・8%だった。

 模擬選挙推進ネットワーク事務局長の林大介東洋大助教は「政策を考える意義を感じる機会を醸成しつつ学校や地域で取り組む際の課題も見えてきた」とのコメントを発表した。

「産経WEST」のランキング