産経WEST

86歳と70歳夫婦、43歳長女殺す 「娘の将来悲観…」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


86歳と70歳夫婦、43歳長女殺す 「娘の将来悲観…」

 同居の長女(43)の遺体を自宅に放置したとして、大阪府警交野署は22日、死体遺棄容疑で、いずれも同府交野市倉治、父親で無職の江口和彦容疑者(86)と妻の和美容疑者(70)を逮捕した。「2人で娘を殺した。自殺しようとしたが死にきれなかった」と供述しており、殺人容疑でも調べる。

 逮捕容疑は19日ごろ、共謀し、交野市の自宅で美奈さんの遺体に毛布などをかけて放置し、立ち去ったとしている。

 交野署によると、美奈さんには精神疾患があり、江口容疑者は「将来を悲観した。妻と相談して、18日昼ごろ、寝ていた娘の頭を金づちで殴り、ベルトで首を絞めた」と説明している。

 同署によると、21日朝、同府貝塚市の港で、海に落ちかけた状態で止まっている軽ワゴン車の中に2人が乗っているのを通行人が発見。申告を受けた署員らが江口容疑者らの自宅に向かい、美奈さんの遺体を見つけた。

「産経WEST」のランキング