産経WEST

【ビジネスの裏側】シャープの「自社製品購買運動」は“タコ足喰い” 役員20万、管理職10万、一般社員5万…目標設定に社内に反発も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
シャープの「自社製品購買運動」は“タコ足喰い” 役員20万、管理職10万、一般社員5万…目標設定に社内に反発も

20日発売の大型空気清浄機。シャープ製品愛用運動」で売り上げは底支えされるか=大阪市北区(織田淳嗣撮影)

 経営再建中のシャープが国内外の全社員を対象にした数値目標つきの「自社製品購買運動」を呼びかけ、社内の一部で反発を招いている。今月20日から来年1月下旬までにシャープ製品の購入を要請し、一般社員には5万円を「目標」が設定された。強制ではないが「全社的な取り組み」としている。社員には新たな負担になりかねず、士気に影響しかねない。

 「社員が買い支えるということは、経営を見誤り、在庫を積み上げた人間の失敗を覆い隠してしまうことだ」

 「シャープの退職者」を名乗る人物から、経営陣の責任を追及する記述がブログ「シャープの中からの風景」に投稿された。

 このブログは、現役社員が社内からの視点で運営しているとされ、注目されている。実際、社内の情報が書き込まれることが多く、今回の購買運動に関する投稿は報道の2日前の16日から相次いでいる。この投稿者は「失敗の原因となったやり方考え方を変える機会を失い、また同じ失敗を繰り返してしまう」と書き込んでいる。

 家電や太陽電池事業を統括する長谷川祥典専務執行役員が16日付で社内に通知し、「当社は大変厳しい状況にある。絶大な協力を」とのメッセージが添えられた。購入の「目標」として役員級20万円、管理職10万円、一般社員5万円と設定されており、年末商戦を社員が底支えする狙いとみられる。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング