産経WEST

【関西の議論】カジノ型介護施設に仰天 クルーズ演出、船員姿でケア!? 全国初の規制条例に渦巻く賛否 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
カジノ型介護施設に仰天 クルーズ演出、船員姿でケア!? 全国初の規制条例に渦巻く賛否 

豪華客船を模したデイサービス施設「杏の里」の外観。施設内で利用できる疑似通貨を使い、スロットマシンやカードゲームといったカジノ型のメニューがあった=兵庫県姫路市広畑区

 カジノやパチンコ、マージャンなど娯楽設備を備えた「アミューズメント型」や「カジノ型」と呼ばれる介護事業所に行政がストップをかけた。今秋、神戸市議会と兵庫県議会が相次いで、パチンコやマージャンなどの遊技を主な訓練内容とすることや、施設内で流通する疑似通貨の使用などを規制する改正条例を制定したのだ。高齢者がギャンブル依存症に陥る懸念や、税金が投入される介護保険施設としてふさわしくないという疑問の声が上がったためだ。しかし、ゲーム性の高いサービスの導入は、従来のレクリエーションに満足できず、自宅に引きこもりがちな高齢者に社会との接点を持たせる側面もあり、賛否は分かれている。

疑似通貨で満喫

 「クルーズで世界旅行をしませんか?」

 大きな看板の文句に誘われて、兵庫県姫路市南部の住宅や飲食店が立ち並ぶ道路を進むと、豪華客船の船首が姿を現す。

 デイサービス施設「杏の里」。施設内に豪勢なシャンデリア風の照明があり、赤い絨毯(じゅうたん)が敷かれている。船の丸窓を模したモニターにはギリシャの海の映像が流れ、スタッフは真っ白な船員服姿に身を包んでいた。

 杏の里がクルーズ船を模して営業を始めたのは、平成24年4月。施設内だけで利用できる「アーム」と呼ばれる疑似通貨を発行し、利用者は、プールやマシンを使ったリハビリに取り組むと、内容に応じてアームを受け取ることができる。

 アームを使ってビンゴゲームや料理教室などを楽しめる。中には、スロットマシンやカードゲームといったカジノ型のメニューもあった。

このニュースの写真

  • カジノ型介護施設に仰天 クルーズ演出、船員姿でケア!? 全国初の規制条例に渦巻く賛否 

「産経WEST」のランキング