産経WEST

【京都小6大麻】「映画の主人公まねて吸引した」「兄の部屋、パイプに火つけて」…男児が説明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京都小6大麻】
「映画の主人公まねて吸引した」「兄の部屋、パイプに火つけて」…男児が説明

 京都市立小6年の男児(12)の兄(17)が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、大麻吸引を認めた男児が「映画やインターネットをみて、大麻の吸い方を知った」と説明していることが11日、関係者への取材で分かった。

 男児が影響を受けたのは、アメリカのコメディー映画。内容には過激な描写があったり、汚い言葉が使われたりしているとして、小学生以下の児童が鑑賞する際、保護者の助言や指導を必要とする年齢制限が設けられていた。

 男児は、インターネット動画サイトなどを見て、兄の部屋にあったものが大麻だと知ったといい、映画の主人公の吸い方をまねて、大麻草をパイプに詰めて吸引したと説明したという。

 京都府警によると、男児は家族の留守中、漫画を探すため兄の部屋に入り、「丸い缶の中に緑の葉っぱを見つけた。悪いものと思ったが、パイプが近くにあったので、火をつけて吸った」と説明。保護者は、大麻を吸っていた事実を知らなかったという。

 府警は、男児について児童相談所への通告を検討している。兄はいったん高校に入学したが退学し、通信制の高校に入学していた。

 府警は10月6日、大麻取締法違反容疑で京都市内の高校生4人を逮捕したと発表。摘発された少年グループの中に、兄が以前に通っていた高校の生徒もいたが、無料通信アプリ「LINE」の履歴などからは、交友関係は確認できなかったという。府警は大麻の入手経路の解明などを進めている。

「産経WEST」のランキング