産経WEST

【関西の議論】爆買い中国人の次は…大阪・京都にない魅力、滋賀で東南アジア客急増の“わけ”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
爆買い中国人の次は…大阪・京都にない魅力、滋賀で東南アジア客急増の“わけ”

関西有数のスキー場である大津市の「びわ湖バレイ」。雪を求める外国人観光客の人気を集める 関西有数のスキー場である大津市の「びわ湖バレイ」。雪を求める外国人観光客の人気を集める

 訪日外国人観光客が急増する中、大阪や京都など国内有数の観光地を抱える関西で、滋賀がひそかな注目を浴びている。観光庁によると、滋賀県は平成26年の外国人の宿泊客数増加率が全国2位だった。大阪や京都の宿泊施設が飽和状態となる中、近隣の同県が“穴場”として注目されているのだ。中でも目立つのが、マレーシアやタイの観光客。東南アジアでは珍しいスキー場が人気を集めているという。海外からの関西観光といえば、相変わらず大阪や京都を中心に“爆買い”の中国人が目立つが、次は「東南アジア」「滋賀」がキーワードになるかもしれない。(江森梓)

伸び率はダントツ

 観光庁の「宿泊旅行統計調査」によると、26年の外国人の延べ宿泊者数(確定値)で滋賀県は前年比75・0%増の23万750人。伸び率は92・8%の山梨県(宿泊者数94万8880人)に次いで全国2位だった。

 ちなみに関西では、京都府が25・3%増の329万1010人、大阪府が43・7%増の620万160人、兵庫県が37・6%増の69万7910人、奈良県が11・7%減の14万5260人。滋賀県は宿泊者数自体はまだまだ少ないが、伸び率はダントツだ。

 さらに滋賀のデータを詳しく見ると、従業員10人以上の施設の国籍別の宿泊客数は、マレーシアが4550人(255%増)、タイが7080人(139%増)と大きく伸び、中国(64%増、2万8060人)や韓国(1%減、1万2620人)の宿泊客数に迫る勢いだった。

このニュースの写真

  • 爆買い中国人の次は…大阪・京都にない魅力、滋賀で東南アジア客急増の“わけ”
  • 爆買い中国人の次は…大阪・京都にない魅力、滋賀で東南アジア客急増の“わけ”

関連トピックス

「産経WEST」のランキング