産経WEST

【京都小6大麻】LINEで売買「くさすいたいわー」「ネタ引ける?」 大麻汚染、若年層に広がる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京都小6大麻】
LINEで売買「くさすいたいわー」「ネタ引ける?」 大麻汚染、若年層に広がる

 近年、若年層による大麻事件が相次いでいる。無料通信アプリ「LINE」(ライン)などを通じた売買もあるとみられ、若者の間に急速に大麻汚染が広がっている可能性がある。

未成年の摘発58人、前年1.7倍…京都の事件も「複数の大麻ルート」存在か

 警察庁の統計によると、1~6月に大麻を使用したとして摘発された未成年は58人で、昨年の同時期(33人)と比較して1・7倍以上となっている。

 京都市内では10月以降、大麻をめぐる事件が相次いで表面化した。京都府警は10月6日、大麻取締法違反(所持)の疑いで京都市山科区の高校2、3年の男子生徒2人を逮捕したと発表。市内の高校生ら13人の自宅を一斉に家宅捜索、大麻の吸引具などを押収した。

 この事件では、生徒たちのラインの履歴に「くさすいたいわー」「ネタ引ける?」といった大麻使用をうかがわせるやりとりがあったことが判明した。府警は生徒間で大麻の売買があったとみている。

少年乱用防止へ緊急対策会合

 さらに府警は同じ10月6日、同法違反(所持)の疑いで、同市伏見区に住む私立高校2、3年の男子生徒2人を逮捕したことを発表した。

 逮捕された高校生はそれぞれ別グループで、両事件に直接の関連はない。今回、大麻吸引を吐露した小6男児とのつながりも確認されていない。こうしたことから、京都市内の若年層の中に、複数の大麻ルートが存在した可能性が指摘されている。

対応協議中に小6という衝撃…さらに高1兄も逮捕、別グループも…

関連ニュース

【衝撃事件の核心】女子高生と〝駆け落ち〟逃避行 相思相愛でも「誘拐」か 27歳男逮捕、「二度とせぬ」誓いを破った代償

「産経WEST」のランキング