産経WEST

「スナックに通いたい、でも生活保護だけでは…」 高級ブランド店のウインド壊して回って500万円 42歳無職男を送検 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「スナックに通いたい、でも生活保護だけでは…」 高級ブランド店のウインド壊して回って500万円 42歳無職男を送検 

 大阪市内の高級ブランド店でショーウインドーが壊され、バッグや財布などが相次いで盗まれた事件で、大阪府警南署は5日、窃盗などの容疑で、住所不定、無職、保坂賢一被告(42)=同罪などで公判中=を追送検し、計11件の犯行(商品の被害総額計約500万円相当)を裏付けて捜査を終えたと発表した。容疑を認めているという。

 同署によると、保坂被告は盗品の一部を売りさばいており、犯行当時は生活保護を受給していた。動機について、「生活保護だけでは満足にスナック通いができなかった」などと供述している。

 追送検容疑は4~5月、大阪市中央区や同市北区などの複数の高級ブランド店から財布やバッグなど68点(同計約380万円相当)を盗むなどしたとしている。

 同署は5月、ジョルジオアルマーニ大阪店(同市中央区南船場)から財布など18点(計約120万円相当)を盗んだとして保坂容疑者を逮捕していた。ハンマーやバールを使いショーウインドーを割る手口で、盗むのにかける時間は1件につき30秒~1分程度だったという。

「産経WEST」のランキング