産経WEST

無許可「民泊」業者を聴取…中国人?ら300人宿泊疑い 京都府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


無許可「民泊」業者を聴取…中国人?ら300人宿泊疑い 京都府警

家宅捜索を受けたマンション前に停車した観光バスに乗り込む宿泊者の中国人観光客ら=10月2日午前、京都市右京区(一部画像処理しています)

 京都市の許可を受けず、賃貸マンションの空き部屋を有料で貸し出す「民泊」を違法に行った疑いが強まったとして、京都府警は5日、旅館業法違反容疑で、東京都千代田区にある旅行会社の顧問の男(52)=東京都葛飾区=と、山形市にある旅館代行業者の男(48)=同市=に対し、任意で事情聴取を始めた。容疑の裏付けを進め、2人を書類送検する方針。

 捜査関係者によると、7月25日から10月2日ごろまでの間、京都市右京区の賃貸マンションに、市に無許可で観光客約300人を有料で宿泊させ、旅館業を営んだ疑いが持たれている。

 このマンションは1月以降に入居を開始した新築物件で、44室のうち36室を客室として使用。府警は10月2日以降、マンションや関係先を捜索、強制捜査に乗り出した。当時、中国人観光客で満室となっており、64人が宿泊。エントランスに長机が置かれ、フロントのように使用されていた。

「産経WEST」のランキング