産経WEST

【ビジネスの裏側】楽だし、コーディネート要らず…ジャージー素材の仕事服が人気…女性の社会進出を後押し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
楽だし、コーディネート要らず…ジャージー素材の仕事服が人気…女性の社会進出を後押し

着物柄のワンピースを手にする毛見純子さん=大阪市北区

 伸縮性があり、長時間着ても身体が楽なジャージー素材のワンピースが働く女性に人気だ。プリント柄で見た目はきっちりして仕事服として違和感のがないブランドが登場し、「女性活躍社会の推進」をファッション面から応援している。そんなワンピースを「kay me(ケイ・ミー)」ブランドで展開する「maojian works(マオジェン・ワークス)」(東京)が9月に大阪で初の直営店を開業した。大阪出身の毛見純子社長は「忙しい女性に愛される服をつくりたい」と意気込む。(栗井裕美子)

着想は着物の柄

 大阪・西梅田の商業施設「ブリーゼブリーゼ」で9月に開業した直営店では干し柿やボタン、モミジ、竹など着物の柄を連想させるワンピースが並ぶ。毛見社長は「仕事でギスギスすると流線形のきれいなものを忘れがちになる。花鳥風月の模様で潤いを取り入れてほしいから」と話す。

 毛見社長は8歳まで大阪で育った。大阪市内で呉服店を営んでいた祖父母が大好きだったといい、着物柄はその記憶をもとにデザインしている。仕事もふるまいも毅然としていた祖母は憧れだったといい、東京で起業した後も「大阪凱旋」は念願だった。

 ワンピースを主力に据えたのは、面倒なコーディネートに悩む必要はなく、1着で華やかになれる利点に着目したからだ。伸縮性のあるジャージー素材は、身体の動きが制約されないため長時間着ていても疲れにくい。帰宅後、洗濯して干しておけば翌朝着ることもできる。クリーニングに出す必要がないため働く女性にとって時間の有効利用にもつながる。

このニュースの写真

  • 楽だし、コーディネート要らず…ジャージー素材の仕事服が人気…女性の社会進出を後押し
  • 楽だし、コーディネート要らず…ジャージー素材の仕事服が人気…女性の社会進出を後押し
  • 楽だし、コーディネート要らず…ジャージー素材の仕事服が人気…女性の社会進出を後押し
  • 楽だし、コーディネート要らず…ジャージー素材の仕事服が人気…女性の社会進出を後押し

「産経WEST」のランキング