産経WEST

【黒田勝弘氏講演】寿司食いながら「旭日旗けしからん!」 日本製ビール飲みながら「日本けしからん…」 韓国の「反日」を理解するには…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【黒田勝弘氏講演】
寿司食いながら「旭日旗けしからん!」 日本製ビール飲みながら「日本けしからん…」 韓国の「反日」を理解するには…

韓国の今について話す黒田さん

 「竹島」を県土に持つ島根県の松江市で、韓国の今を学ぼうという公開講座が開かれた。主催したNPO法人が講師に招いたのは、韓国内で「日本を代表する極右言論人」と紹介される産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏。韓国の政府やメディアなどへの辛口批評が飛び出す一方、韓国の文化や日常を愛するよき理解者としての温かい視点も忘れず、「反日」の実情などさまざまな切り口で「今の韓国」を語った。黒田氏の講演と、それに続く対談(聞き手は同法人プロジェクトリーダーの小片悦子さん)の内容は次のとおり。

韓国への興味は「異同感」

 僕は、語学留学と記者を合わせて30年以上、韓国で暮らしている。いろんな人から「何が面白くてそんなに長くいるの」と聞かれるが、韓国は実に面白い。飽きたら日本に帰ろうと思っているが、毎日が刺激的で面白く、まだ飽きない。

 何が面白いんだろうかと思って考え出したのが「異同感」という言葉。私たちが韓国に抱く、異なるようで同じ、似ているようで似ていない感じ。人間にも社会にも感じるが、中国の人たちにはあまり感じない。

 異同感はどこから来るかといえば、縁の深さ。歴史的には、大昔に朝鮮半島から日本に渡ってきた人種的な近さ。近い関係でいえば、近代化の過程で日本が韓国を支配した35年間に与えた影響がある。

 食事の時、日本人は箸を横に(並べて)置くが、韓国人は箸とスプーンを縦に並べる。西洋もそうなので、横に置くのはある意味、日本文化の特異性かも。隣国同士で食事作法がこんなに違うのは、ヨーロッパにはない。

この30年“激変”は「人間」…韓国女性はキレイになったがマナー最悪、謝らない…

このニュースの写真

  • 寿司食いながら「旭日旗けしからん!」 日本製ビール飲みながら「日本けしからん…」 韓国の「反日」を理解するには…
  • 寿司食いながら「旭日旗けしからん!」 日本製ビール飲みながら「日本けしからん…」 韓国の「反日」を理解するには…
  • 寿司食いながら「旭日旗けしからん!」 日本製ビール飲みながら「日本けしからん…」 韓国の「反日」を理解するには…

「産経WEST」のランキング