産経WEST

PC買ってもらえず高齢の父殺害、引きこもり30年の59歳男に懲役9年

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


PC買ってもらえず高齢の父殺害、引きこもり30年の59歳男に懲役9年

 三重県四日市市で昨年5月、30年以上引きこもり生活を送っていた自宅で、同居する高齢の父親を殺害したとして、殺人罪に問われた無職、田中直哉被告(59)の裁判員裁判で津地裁は27日、懲役9年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 増田啓祐裁判長は判決理由で「パソコンを買ってもらえなかったことを恨んだ犯行。何度も首を絞め、強固な殺意が認められる」と指摘した。

 弁護側は最終弁論で「犯行時は心神耗弱状態だった」と主張したが、増田裁判長は「自らの行動を制御する力が減退していたとはいえない」と退けた。

 判決によると、被告は大学卒業後、引きこもり。母親の死後は父親と2人暮らしだった。昨年5月1日午前0時ごろ、父親の喜代司さん=当時(81)=がパソコンを買ってくれないことを恨み、自宅で喜代司さんの首をこたつのコードで絞め窒息死させた。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】妻は認知症、長男は引きこもり精神障害2級、自身は鬱病82歳が見た“この世の地獄”無理心中を決意

「産経WEST」のランキング