産経WEST

【東住吉女児焼死再審】両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東住吉女児焼死再審】
両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で

和歌山刑務所から釈放され取材に応じる青木恵子さん=26日午後2時7分、和歌山市(甘利慈撮影)

 大阪市東住吉区で平成7(1995)年、小学6年の女児=当時(11)=が焼死した火災で、殺人などの罪でともに無期懲役刑が確定し、23日の大阪高裁決定で再審開始が認められた母親の青木恵子元被告(51)と内縁の夫だった朴龍晧(ぼくたつひろ)元被告(49)が26日午後、刑の執行を停止され、同年9月の逮捕以来約20年ぶりに収監先の和歌山刑務所と大分刑務所からそれぞれ釈放された。

 検察側は執行停止に異議を申し立てていたが、高裁第3刑事部(中谷雄二郎裁判長)が26日に退け、検察側が釈放手続きを取った。

 23日の再審開始と執行停止の決定は高裁第4刑事部(米山正明裁判長)が出した。事件については「火災は自白通りの放火でなく、車のガソリン漏れからの自然発火である可能性が否定できない」として、24年3月の大阪地裁決定に続き2人の再審開始を認めた。

このニュースの写真

  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で
  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で
  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で
  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で
  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で
  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で
  • 両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で

「産経WEST」のランキング