産経WEST

【経済裏読み】韓国、今年もノーベル賞ゼロ” 初受賞の中国に先越された焦り…反日から一転「日本に学べ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
韓国、今年もノーベル賞ゼロ” 初受賞の中国に先越された焦り…反日から一転「日本に学べ」

大村智・北里大特別栄誉教授のノーベル医学・生理学賞受賞を伝える本紙号外を受け取る人々=大阪市北区のJR大阪駅前(恵守乾撮影)

 「スポーツの試合で言えば『21-0』の大差」と韓国紙、朝鮮日報(電子版)が報じた。ノーベル賞の自然科学分野の日本人受賞者は、医学・生理学賞の大村智・北里大特別栄誉教授と物理学賞の梶田隆章・東京大宇宙線研究所教授が加わり21人になる。一方、国内総生産(GDP)に占める研究・開発(R&D)投資の割合が世界1位の韓国はゼロ。例年「なぜ日本ばかりなのか」の類の記事がメディアを賑わすのだが、今年は冷静な分析や日本への称賛も目立つ。中国の研究者が先に受賞することへの焦りも背景にあるのか。

 日本人は「常軌を逸した科学者」と称賛?

 韓国メディアは毎年10月になると、自然科学分野のノーベル賞受賞者ゼロをめぐる原因分析、政府などに対する責任追及、叱責に余念がない。もちろん、日本への羨望もある。今年もそうした報道があるにはあるが、例年に比べるとメディアの受け止め方が冷静にみえる。

 たとえば朝鮮日報(電子版)は、日本人のノーベル賞ラッシュを「日本特有の職人気質(かたぎ)も一役買っている」と分析。そして地方大学や地方企業で、日本の「マッド・サイエンティスト(常軌を逸した科学者)」たちが、誰もしない「常軌を逸した研究」を続けた末にノーベル賞を取ったのだと指摘する。

 実際、青色発光ダイオード(LED)の発明で2014年に物理学賞を共同受賞した米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授は、創業者が研究を全面支援してくれるという理由で日亜化学工業(徳島県阿南市)に入社。誰もがあきらめて見限った研究に20年以上も没頭した。02年に学士で化学賞を受賞した田中耕一氏も実験が存分にできるという理由で京都の企業・島津製作所に入社した。

 「職人精神」は韓国社会になじむか?

 韓国では、こうした「職人気質」を支える日本企業の風土にも注目が集まり始めているようだ。

このニュースの写真

  • 韓国、今年もノーベル賞ゼロ” 初受賞の中国に先越された焦り…反日から一転「日本に学べ」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング