産経WEST

「母を詠んだ歌で受賞、光栄」最優秀・尾崎さん 河野裕子短歌賞表彰式

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「母を詠んだ歌で受賞、光栄」最優秀・尾崎さん 河野裕子短歌賞表彰式

「家族の歌」部門で最優秀賞の河野裕子賞を受賞し、トロフィーを受け取る尾崎順子さん(左)=24日午後、京都市東山区の京都女子大学

 戦後生まれを代表する女性歌人で、平成22年に64歳で亡くなった河野裕子(かわのゆうこ)さんを顕彰する「~家族を歌う~河野裕子短歌賞」(産経新聞社主催、京都女子大学共催)の第4回表彰式が24日、京都市東山区の京都女子大学で行われた。「補聴器とふ貝をつまみて母の手は耳に明るき夜を運びぬ」で、「家族の歌」部門の最優秀賞「河野裕子賞」を受賞した兵庫県宝塚市の元教員、尾崎順子さん(61)は「河野さんの歌が大好きで、母を詠んだ歌で受賞できたことは大変光栄」と喜びを語った。

 賞は「家族の歌」の他に2部門あり、今回は国内外から過去最多の計1万4537首の投稿があった。

「産経WEST」のランキング