産経WEST

【おやじが行く】凝縮された野菜と海のやさしい味 広島焼き・鉄板焼き「雪風」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【おやじが行く】
凝縮された野菜と海のやさしい味 広島焼き・鉄板焼き「雪風」

 そして、そば。袋詰めではなく広島から取り寄せた専用の生麺を使う。頃合いを見計らって麺をゆで、そのまま鉄板へ。そばの上にお好み焼きの本体を載せ、さらにそれを薄く伸ばした卵の上にのせて“合体”させ、ようやく完成。

 あれだけ分厚かったのが、ちょうどいい厚さになっている。ソース、すじ青のりをかけ、コテで一口サイズに切り、はふはふしながらガブリ。まず野菜のやさしい甘みが口の中に広がり、次にカリカリ豚肉の香ばしさ、そして最後にイカや魚粉の少しクセのある海の風味が襲ってくる。

 「“圧縮”された分、味も濃縮されます。いろんな栄養素がバランスよく含まれていますから、体にもやさしいんですよ」

 大食漢のおやじ2人だが、1枚で満足、食後感もすっきり。単純なようで、奥深い料理である。

 文・古野英明 イラスト・清水浩二

     

 奈良市学園北2の1の6。(電)0742・44・7878。そばがのった肉玉そば(うどんもあり)はほかに「青ネギかけ」(980円)、「チーズ」(1030円)、「キムチ」(同)など。麺なしの「野菜・肉玉」は680円。ネギ焼き(650円)、とんぺい焼き(600円)など鉄板焼きメニューも。午前11時半~午後2時、午後6時~10時。火曜定休。

関連ニュース

お好み焼きとたこ焼き、ついにミシュランに 「調査員来たけど本気にしてなかった…」 関係者喜びの声

「産経WEST」のランキング