産経WEST

お好み焼きとたこ焼き、ついにミシュランに 「調査員来たけど本気にしてなかった…」 関係者喜びの声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


お好み焼きとたこ焼き、ついにミシュランに 「調査員来たけど本気にしてなかった…」 関係者喜びの声

ミシュランガイド兵庫特別版、京都・大阪、奈良の出版記念パーティーで、ステージに並ぶ三つ星の評価を受けた店舗の責任者ら=20日午後、神戸市東灘区(沢野貴信撮影)

 20日に掲載店が発表された「ミシュランガイド京都・大阪2016」。この日神戸市内のホテルでは出版記念パーティーが開かれ、初めてストリートフードとしてビブグルマンに選ばれた大阪のたこ焼き店など“こなもん”関係者から喜びの声が上がった。

 大阪市北区のたこやき店「玉屋」を運営する「ティージーユー」の辻野秀樹社長(40)は「海外へアピールするのに起爆剤になる。たこ焼き店同士力を合わせて大阪の文化としてPRしていきたい」と喜んだ。ミナミのたこ焼き店「甲賀流」の田中由弘社長(46)は「調査員と名乗る人が4月に来店したけど、レストランでもないのに選ばれるなんて本気にしていなかった。人件費やコストの厳しいなか低価格でやってきたので、励みになる」と喜んだ。

 たこ焼き店の「道頓堀赤鬼」の廣田哲彦社長(61)はお好み焼き店「美津の」の女(お)将(かみ)、森川宜資子さん(58)と手を取り合って喜んだ。「星なんかもらえなくても、おいしいという点で、たこ焼きもフレンチも同じ食文化としてスポットライトを当ててくれたことに感謝したい」と話していた。

「産経WEST」のランキング