産経WEST

【関西の議論】校歌でダンス!? ダサいと思いきや意外とノリノリ、「かっこいい」の声も…東大阪の小学校で取り組み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
校歌でダンス!? ダサいと思いきや意外とノリノリ、「かっこいい」の声も…東大阪の小学校で取り組み

校歌をアレンジしたダンスを踊る東大阪市立小阪小学校の児童たち=東大阪市

 平成24年度に中学校の授業でダンスが必修化されるなど、学校現場のダンスが注目されている。そんな中、お堅いイメージの「校歌」をダンスミュージック風にアレンジしてダンスに取り入れ、運動会や参観日などで発表する学校がある。子供たちは「かっこいい」と歓迎、先生たちにも、「歌詞を深く知る機会となり郷土愛にも結び付く」と好評だという。(木村郁子)

これが校歌?

 9月15日、大阪府・東大阪市立小阪小学校の3時間目。小学3年生の2クラス、計59人が体育館に集まり、翌週に控えた発表会に向けてダンスの練習に励んでいた。

 指導にあたるのはプロダンサー。「頑張って足踏みして」「そこで止まる」との指示を聞きながら、子供たちが「むずかしーい」「決まった」と言いながら、懸命に踊る。ズンズンズンズンと重低音が響くダンスミュージックに合わせ、ノリノリの子供たちだが、よく聞くと、「たーてる まなびやーわーれらのーこーさーかしょうがっこう」と口ずさんでいる。同校校歌の歌詞だ。

 「音楽だけ聴いていると、校歌とは思えなかった。踊るのも楽しかった」と話すのは3年生の黒木一葵(いっき)くん(9)。

ダンスミュージック風のアレンジ 振り付けは児童のアイデア

 実はこのダンスは、日本ストリートダンススタジオ協会(大阪市中央区)のプロジェクト、「校歌で踊る、地元学習プログラム」を取り入れたもの。同協会ではもっと学校現場でダンスに親しんでもらおうと、今年6月、同プログラムを新設した。

「産経WEST」のランキング