産経WEST

クラスほぼ全員でいじめ 担任は放置? 腹蹴り、トイレ閉じ込め

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


クラスほぼ全員でいじめ 担任は放置? 腹蹴り、トイレ閉じ込め

 和歌山県かつらぎ町の小学校で、6年の男児2人が複数の同級生からいじめを受けていたことがわかり、事態を重く見た町教委は、弁護士や大学教授ら4人でつくる第三者調査委員会を設置し、町内で12日、初会合を開いた。うち1人は昨年11月から不登校の状態が続いており、町教委は「男児が早く登校できるよう、原因究明と再発防止に努めたい」と話している。

 町教委などによると、男児は小学4年だった平成25(2013)年ごろから複数の児童に腹を蹴られたり、悪口を言われるなどのいじめをしつこく受けた。翌26年3月、男児の保護者が学校側に訴えて発覚した。

 学校側は担任とは別の教員を見守り役として教室に配置するなどの対策を講じたが、休み時間中にトイレの用具入れに閉じ込められるなど、いじめが止まなかったため、男児は吐くなどの体調不良に陥り、11月以降は不登校の状態が続いている。

 さらにクラスのほとんどの児童がいじめに関与していたことがわかった上、7月ごろには別の男児へのいじめも発覚。2人ともケガはないが、町教委は「いじめの根は同じ。看過できない」として、第三者委の設置を決めた。池田八主雄教育長は「学校側が主体的に取り組む姿勢は崩していないが、よりタイムリー、より効率的に行うには第三者の意見を聞くことが必要と考えた」と説明する。

「担任が放置した理由は…」

関連ニュース

【衝撃事件の核心】患者ぐるみ保険金詐欺、整骨院の創業者は大阪維新市議 「誰かが私を潰そうと…」と関与否定

「産経WEST」のランキング