産経WEST

“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“号泣県議”野々村被告の初公判は11月24日 神戸地裁

野々村竜太郎被告

 政務活動費(政活費)の不適切な支出をめぐって、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の初公判が11月24日に神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれることが9日、決まった。判決公判の期日は未定。

 起訴状によると、野々村被告は平成24年4月~26年5月、実際には行っていない城崎温泉(兵庫県豊岡市)などへの「日帰り出張」を申請したり、金券の購入費を「切手代」として計上するなどして嘘の収支報告書を県議会に提出。23~25年度の政活費計913万2050円をだまし取ったとしている。

「産経WEST」のランキング