産経WEST

あいりん地区流“中国人ガールズバー”急増、3年で100軒に 大音量カラオケにごみ不始末…住民とトラブルも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


あいりん地区流“中国人ガールズバー”急増、3年で100軒に 大音量カラオケにごみ不始末…住民とトラブルも

中国人の経営する居酒屋が急増する西成の商店街=大阪市西成区

 西成区商店会連盟会長の村井康夫さん(64)によると、店は約3年前から増え出した。中国人が経営するあいりんの不動産会社が、商店街の空き店舗を次々と買い取り、中国人コミュニティーの人脈で店の経営者を募ったという。中国人留学生がアルバイトで働く店も多いらしい。

 村井さんは「店舗跡地の買い手が見つかれば、後継者不足に悩む商店街のにぎわいにつながる」と話す。

 ■「やりたい放題」

 ただ、地元住民にとって中国人女性の居酒屋は悩みの種でもある。客引き行為や大音量のカラオケ、ごみの不始末…。今池本通商店会協同組合理事長の岸本人志さん(66)は「中国人女性の居酒屋は規範意識が乏しい。やりたい放題だ」と嘆く。酔客相手に堂々と料金をぼったくろうとする悪質な店もあった。

 カラオケの音が漏れる店のほとんどは、費用面の問題からか防音ドアでなく、単なるガラス戸。客さえいれば、明け方近くまで営業を続けているとみられ、周辺住民にとって騒音はとりわけ頭の痛い問題という。

 岸本さんは「注意しても『ニホンゴ、ワカリマセン』と言い逃れる。月々の商店会の会費(約6千円)を払わないぞ、といわれたこともあった」と明かす。

飲みニケーション!? 地道な信頼関係を…ただ、「生活保護を狙う」の見方も

このニュースの写真

  • あいりん地区流“中国人ガールズバー”急増、3年で100軒に 大音量カラオケにごみ不始末…住民とトラブルも

「産経WEST」のランキング