産経WEST

あいりん地区流“中国人ガールズバー”急増、3年で100軒に 大音量カラオケにごみ不始末…住民とトラブルも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


あいりん地区流“中国人ガールズバー”急増、3年で100軒に 大音量カラオケにごみ不始末…住民とトラブルも

中国人の経営する居酒屋が急増する西成の商店街=大阪市西成区

 全国有数の日雇い労働者の街・大阪市西成区の「あいりん地区」周辺で、若い中国人女性がカウンター越しに接客する「カラオケ居酒屋」が増えている。3年ほど前から出店攻勢が続き、今や約100軒に上る。中国人女性の人懐こさや安価で楽しめる手軽さが人気を呼び、“あいりんのガールズバー”としてすっかり定着した。一方、生活習慣の違いなどから地元住民とのトラブルも目立ち、関係者は街の行く末を懸念している。(矢田幸己)

 ■空き店舗に続々

 9月下旬の週末の夜、萩之茶屋本通商店街の一角にある居酒屋。キャップ帽をかぶった男性(53)が、カウンター越しにアルバイトの中国人女性(23)の手に触れ始めた。女性から片言の日本語で注意されても、ほろ酔いの男性が意に介す様子はない。

 あいりんで長年暮らしているという男性は、1年半前の開店当初から通い詰めるという。理由は「女の子のレベルが高いから」。にやりと笑った男性はこう続けた。

 「けどな、あいりんはもう中国人に乗っ取られているようなもんや」

 同商店街や周辺の動物園前1番街(飛田本通商店街)、今池本通商店会などを歩けば「呑(の)んで、歌って、楽しんで」など似た文言、デザインの看板が目につく。飲食にカラオケ付きで3千円前後。客の多くは生活保護受給者か日雇い労働者だ。

中国人の不動産会社、留学生バイト…活性化へ歓迎だが「やりたい放題」の声も

このニュースの写真

  • あいりん地区流“中国人ガールズバー”急増、3年で100軒に 大音量カラオケにごみ不始末…住民とトラブルも

「産経WEST」のランキング