産経WEST

【経済裏読み】中国人観光客「二度と韓国に行きたくない」 訪韓外国人が激減のショック 「清潔で誠意ある日本」に人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
中国人観光客「二度と韓国に行きたくない」 訪韓外国人が激減のショック 「清潔で誠意ある日本」に人気

ソウルの中心市街地・明洞。訪韓外国人観光客が減少するなか、特に中国人が減っていた

 観光庁によると今年の訪日外国人観光客数が過去最高になる見通しだという。その一方で、訪韓外国人観光客数は減少が著しい。それも中東呼吸器症候群(MERS)の影響だけではないらしい。旅行した後に韓国の印象が一様に悪くなるというのだ。「タクシーは寄り道する」「客引きがひどい」…。上客だった中国人観光客からは「二度と来たくない」とまで言われる始末。中国のオンライン旅行会社によると、仲秋節と国慶節(10月1日)の大型連休中、中国人の海外旅行の目的地は日本が韓国を抜いてトップになった。

MERSの余波だと言い訳をする話ではない

 韓国紙、中央日報(電子版)は8月、韓国観光知識情報システムの統計をもとに、韓国に入国した外国人観光客数がMERS騒動の打撃を受けて大きく減少したと報じた。今年1~7月までの訪韓外国人観光客は730万5000人で昨年同期(798万人)よりも8・5%減少。特に、7月に韓国を訪れた外国人観光客は昨年同期比53・5%減の62万9737人を記録したとしている。

 しかし、同紙は9月になって、訪韓外国人観光客激減を「MERSの余波だと言い訳をする話ではない」と主張し始めた。中国最大のオンライン旅行会社「シートリップ」を通した仲秋節と国慶節の連休期間の予約状況で、中国人の海外旅行の目的地として日本が韓国を抜いて1位になったからでもある。都市別にみても、ソウルは香港や東京、バンコクに押され4位に下がっていた。

外国人客4割超は中国人…韓国に「タクシー迷走」「店員が無理やり」「日本に比べ…」

関連トピックス

関連ニュース

【経済裏読み】韓国は指をくわえて見物か…日中の「高速鉄道」受注合戦 世界の潮流に“逆行”がネック

「産経WEST」のランキング