産経WEST

組み体操「ピラミッド」で事故 中1男子生徒が崩れて骨折 大阪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


組み体操「ピラミッド」で事故 中1男子生徒が崩れて骨折 大阪

 大阪府八尾市教育委員会は30日、市立大正中の体育大会で、組み体操の「ピラミッド」に取り組んでいた1年の男子生徒(12)が右腕を骨折したとして、事故の未然防止に努めるよう市内の小学校に通知した。ほかの中学校では体育大会がほぼ終了している。

 市教委によると、大正中の体育大会は9月27日に開催。男子生徒が四つんばいの姿勢で積み重なってつくる10段ピラミッドのバランスが崩れ、下から6段目の生徒が負傷した。周囲に教員11人が補助役で配置されていたが事故を防げなかった。

 通知は大正中のケースを踏まえ、セーフティーマットの活用や安全確認の徹底、天候に応じて演技種目を見直すことなどを求めている。

 大阪市教委は、重大事故を防ぐため、ピラミッドの高さを5段までとする規制を採択している。

関連ニュース

【関西の議論】「市教委はアンポンタン」小学校での安倍政権批判ビラにも反省なし? “やりたい放題”学童指導員のあきれた行状

「産経WEST」のランキング