産経WEST

「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁

橋下徹市長 橋下徹市長

 橋下徹大阪市長が、月刊誌「新潮45」の記事で精神疾患であるかのように報じられたとして、発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、大阪地裁であり、増森珠美裁判長は一部記載について「橋下氏の社会的評価を低下させ、名誉を毀損(きそん)する内容だった」として、同社などに110万円の支払いを命じた。

■橋下氏について、「嘘を平気で言う」と「高校時代の教諭が発言」…

 判決によると、橋下氏が大阪府知事だった平成23年10月、同社は「新潮45」に、精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏が執筆した「大阪府知事は『病気』である」と題した記事を掲載。過去の発言などから精神分析した結果として、橋下氏が「精神病質者」などと報じた。

 増森裁判長は判決で、精神分析の前提となった橋下氏の高校時代のエピソードを検討。当時を知る教諭とされる人物の「嘘を平気で言う」などの発言について「客観的証拠がなく真実と認められない」と述べた。

【熊本地震】ばか発言…おおさか維新・足立氏また「おまえら、ふざけるな。あほ」

▼逮捕騒動…橋下氏vsみのもんた「文春・新潮、大っ嫌い!…でも叩かれて当然」

「産経WEST」のランキング